コーチ 財布 メンズ 黒

コーチの基本情報

コーチ

 

ブランド名 コーチ COACH
アメリカ合衆国
歴史 1941年
財布の価格帯 2万円〜5万円以上

ブランドの解説|コーチ

コーチ(Coach)は、1941年に創業した、
ニューヨークのマンハッタンで生まれたバッグ・ブランド。

 

後に世界的なブランドになりますが、スタートはロフトを工房とした、
家族経営という小さな規模からでした。

 

創立当初は、野球のグローブに用いられる革を使用した小物製品を扱い、
数名の職人が手作りで仕上げる会社でした。

 

1960年代になると、会社の経営者となっていたマイルス・カーンによって、
その革の独特の質感と、使い込むにつれて味わいの増す材質が見出され、
コーチは12個の最初のハンドバッグコレクションを誕生させます。

 

1962年には著名なファッションデザイナーのボニー・カシンを迎え、
彼女によってコーチはニューヨークを中心に数々のヒット商品を世に送り出すことになります。

 

1975年には会社名をそれまでの「ゲイル」から「コーチ」に正式に改め、
1979年にコーチに副社長として入社したルー・フランクフォートの手腕により、
コーチはそれまでの比較的小規模だった企業から、
世界的なファッションブランドへと花開いていきます。

 

1988年には日本にも進出を果たし、コーチは世界でも認められた存在となります。

 

1990年代にはバッグや財布などの皮革製品のほかにもウェアコレクションやウォッチコレクションなどを次々と発表。

 

規模がはるかに拡大した現在も、コーチは素材とクラフツマンシップの最高水準を保ち続けています。

 

ニューヨーク発信の最先端のファッションセンスと、デザイン性豊かな製品のラインナップが特徴のコーチは、
今やニューヨーカーだけに留まらず、世界を代表するブランドとして多くの人々から愛されています。

シンプルなデザインの「シグネチャー」シリーズがおすすめ

コーチ
コーチの伝統的なシグネチャー パターンが入った長財布。
いま人気のラウンジファスナータイプになります。

 

あまり主張しすぎないデザインなので、オンオフどちらも使用することができます。
男性が持つならこういったシンプルなものがいいでしょう。

 

◎→その他のコーチの黒い財布を見る

 

財布メンズ黒革.biz TOPへ戻る