財布 メンズ ルイヴィトン 黒

ルイヴィトンの基本情報

財布メンズルイヴィトン

 

ブランド名 ルイ・ヴィトン LOUIS VUITTON
フランス
歴史 1854年
財布の価格帯 8万円〜15万円

ブランドの解説|ルイヴィトン

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、
言わずと知れたフランスのラグジュアリーブランド。

 

歴史ある老舗ブランドとして、
伝統を重んじながらも常に新しい価値観を作り、世に送り出しています。

 

その歴史は、創始者であるルイ・ヴィトン(1821年 - 1892年)が、
1854年にパリに世界初となる旅行鞄の専門店をオープンしたことに始まります。

 

創始者であるルイの死後にも、
息子であるジョルジュ・ヴィトンの手により、ルイ・ヴィトンは世界的なブランドへと飛躍を遂げ、
1896年には、のちにヴィトンのトレードマークとなる「モノグラム」が考案されます。

 

1978年3月には日本にも進出。

 

その後も着実に成長を続け、
現在ではファッション業界に確固たる地位を築いています。

人気の「ダミエ」,「モノグラム」シリーズ

ダミエ

ダミエ
1888年、模倣品防止のためベージュと茶褐色のチェス盤に、
ルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・ライン」と呼ばれるデザインを考案。

 

 

モノグラム

ダミエ
1896年、ダミエの模倣品が出回ってきたことから、ヴィトン社はそのトレードマークとなる布地を新たに発表した。

 

モノグラム・ラインと呼ばれることになるその模様は、
様々なシンボルと共にルイ・ヴィトンを示す「LV」というマークが描かれている。

 

モノグラムは、万国博覧会で目にした日本の家紋に触発されている。

話題書でも紹介されたルイヴィトン「タイガ」


稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?/亀田 潤一郎

 

 

500人以上の“社長の財布”を見てきた税理士さんが書いた本です。

 

お金との向き合い方を教えてくれています。

 

そこには「年収は財布の値段×200倍の法則」があると言われています。

 

その中でおすすめ財布として紹介されているのが、
ルイヴィトンの「タイガ」というシリーズ。

 

タイガ

 

ルイヴィトンの財布といえば、
あの有名なモノグラムが散りばめられたものを想像すると思います。

 

一方、タイガシリーズはとてもシンプルですっきりとしたデザイン。

 

そのため、色も黒い長財布のラインナップが多いです。

 

成功している社長さんたちがこの財布を所有している割合が高いのだとか。

 

◎→ルイヴィトンのメンズ革財布(黒)を見る

 

財布メンズ黒革.biz TOPへ戻る